はじめに

伊那名物ソースかつ丼とは?

katu「かつ丼」に「ソースかつ丼」と「卵とじかつ丼」の2種類があることをご存じでしょうか。ご当地伊那では、食堂でかつ丼というと「ソースかつ丼」の店が多く伊那名物です。
伊那のソースかつ丼は、ほかほかのご飯の上にシャキシャキのキャベツの千切りをのせ、その上に各お店秘伝の特製ソースのタレにくぐらせたボリューム満点の揚げたてのとんかつを盛り付けて出来上がりです。
丼ぶりのふたを開けた時、特製ソースの香りが食欲をそそります。

ソースかつ丼一口メモ

伊那伝統の味「ソースかつ丼」は、昭和21年に伊那町の中心市街地に開業した飲食店の店主が始めたソースかつ丼(愛称「ひげのとんかつ」で当時より有名)が人気となり、伊那地域に広まって「伊那名物ソースかつ丼」として、今日に至っています。元祖ともいえるこのお店は、現在2代目の店主が伝統の味を守っています。
また、10年ほど前に駒ヶ根市で駒ヶ根ソースかつ丼会が発足し、駒ヶ根名物としても売り出されており、伊那地域全体の名物の味となっております。
ソースかつ丼のルーツは、大正時代早稲田大学の学生が早稲田鶴巻町にあった「ヨーロッパ軒」(現在は福井市内にて営業)で、丼ぶりご飯の上にカツをのせソースをかけたのが始まりといわれています。
伊那の伝統の味「ソースかつ丼」は、ボリューム、味、ともに自信の持てる一品でございます。ぜひ一度ご賞味いただけますよう一同こころよりお待ちしております。

※伊那ソースかつ丼のソースは、すべて各店のオリジナルです!